紫外線による殺菌作用について              

(1)  紫外線による殺菌作用について

太陽光線に含まれている紫外線には、細菌などに対するかなり強い殺菌作用があることは、

虫干しや日光消毒を持出すまでもなく古くから知られております。この作用をもう少し詳し

く示しますと M.Luckiesh らの実験、第一図に示す通りシャーレ中の大腸菌を真

夏の太陽光にさらすと、約64分後に99.99%殺菌された結果が出ております。このよ

うな経験的事実にもとずき、紫外線の持つ殺菌作用の強さを波長別に表したのが第2図であ

ります。

 

(2)  殺菌線照射量について

細菌の殺菌を行うためには、ある特定波長の紫外線で照射するとよいことが分かりましたが

、ある菌を殺菌するのに要する殺菌線の強さを、測光量における照度に相当する殺菌線放射

照度は(μW/p)で表します。一般的には、この放射照度に照射時間をかけ合わせた照射量

(μW/p2・min)を使用致します。

 

 

殺菌ランプ

殺菌ランプは殺菌作用が極めて強い波長253.7nmの紫外線を豊富に放射する低圧

水銀ランプです。病院、食品工場、学校、事務所、調理場や畜産方面などに利用され、

優れた効果を発揮しております。

特    徴 

(イ)殺菌線(253.7nm)を最も効率よく放射するよう特殊紫外線透過ガラスを使用して

いますから、短時間の照射により殺菌ができます。

(ロ)物の表面に付着している菌、あるいは紫外線を透過する空気中、液体中に浮遊し

ている菌に有効です。

(ハ)あらゆる菌に対して有効です。

(ニ)化学薬品や加熱による殺菌方法と異なり、被照射物に照射後ほとんど変化を残

しません。

 

効    果

細菌を99.9%殺すのに必要な殺菌線量は細菌の種類によって異なります。下表は

各種の細菌およびカビを殺すのに必要な所要殺菌線量を示します。たとえば、大腸菌

を99.9%殺菌するのに必要な殺菌線量は90μw・min/p2、15Wの殺菌灯から1m

の距離で葯 3分で得られます。 

 

 

各種の菌を殺すのに必要な殺菌線量の求め方  [殺菌線量(μW・min/p2)=照度(μw/p2)×照射時間(min)]

 

          (1)バクテリアおよびイースト          (表A)